金属表面の洗浄目的について

酸洗いとはどのようなものか

酸洗いとは金属を酸の力を利用して洗浄することで、金属加工には必要不可欠な工程です。金属は熱を加えることによって、表面にスケールと呼ばれる酸化した皮膜が付着してしまいます。酸洗いをすることでスケールや焼け、サビなどを除去することができます。酸洗の方法は、金属を酸性の液体に漬けて金属の表面に付着した酸化物を洗浄します。特にメッキ加工をする際やチタンを扱う場合は、酸洗いがとても重要になります。メッキ加工はサビやスケールによって、密着しにくくなります。そして、チタンを扱う場合は、スケールを落とさなければバレル研磨をしても綺麗な光沢が出なくなってしまいます。ですので、酸洗いは金属の表面を加工する際に、とても重要な処理方法の1つです。

酸洗いをする目的はなに

酸洗いを行う目的は、大きく3つあります。1つ目は、その後の作業を簡単にするためです。つまり金属を加工する際に、研磨をして表面を綺麗にする手間を省くことができるのです。酸洗いをすることで、ざらつきや油分が取り除かれ、金属に綺麗な光沢を出す前処理を行うことができます。2つ目は、金属の表面の洗浄です。金属製品は、製品のクオリティを高めることが大切です。酸洗いで金属にとっての不純物を除去することができるので、製品の外観を良くすることができます。3つ目は、ステンレス製品に使われる不動態皮膜を新たに作るためです。溶接や切断など、加工をしている段階で失ってしまった不動態皮膜を新たに作り、ステンレス本来のサビに強い状態に戻すことができます。