メッキ・塗装・切削などの下地処理目的について

メッキに酸洗いは必須の工程です

酸洗いとは、スケール、酸化皮膜、さび等を硫酸や塩酸などで除去する作業です。塗装や切削前にも熱処理や溶接で焼けた金属の表面を酸で洗浄します。特にメッキの前には必ず酸洗いをして、錆びや酸化被膜を取り除きます。これが不十分だとメッキがうまく付かないことになります。使われる酸は硫酸か塩酸が多く、金属表面のアルカリ皮膜や酸化皮膜を除去します。これは化研(化学研磨)と呼ばれる工程で、大抵のメッキは前処理工程として行われています。
酸洗いと呼ばれる工程はいくつも種類があって、目的も少しずつ異なります。メッキで行われる化研の他にも酸洗い・酸浸漬・エッチング・酸電解・電解研磨などがあります。酸処理後はきちんと排水処理しなければなりません。酸をそのまま下水や川に流したら大変なことになります。そのため、メッキ処理施設などは行政への届け出と許可が必要なのです。

酸洗いは専門業者に委託しましょう。

酸洗いは、メッキ・塗装・切削などの前処理として必要な工程ですが、排水処理と排気処理には専門の施設が必要です。又、硫酸や塩酸・フッ酸・硝酸など有害で危険な酸が使用されるので目などの人体に飛べば大変危険です。酸洗いの種類によっては有毒な亜硝酸ガスなどが発生する場合もあり、排気設備がないと非常に危険です。酸洗いは金属の種類ごとに酸の種類や混合比・濃度・温度・時間を設定し管理しなければ、効果を発揮できないことや、溶けすぎて表面が荒れすぎてしまうことも発生します。このため、専門的な知識と専用の排水処理・排気処理を保有している業者に委託しましょう。繰り返しますが、酸洗いは素人では危険で、専用設備と許可が必要な作業になります。

酸洗とは、熱処理ででた酸化被膜やサビを硫酸や塩酸で取り除く作業です。この作業を行わないと、その後のメッキや研磨作業がうまくいかなくなります。