酸洗いの意味

酸洗いとは、強酸槽に製品を漬け込み洗浄処理をする工程です。大きく分けて、金属表面の洗浄・メッキや塗装、切削などの下地処理・ステンレス材における表面の被膜の再形成という3つの表面処理を目的としており、金属加工には欠かせない工程となっています。

金属表面の洗浄目的について

酸洗いとは金属を酸の力を利用して洗浄することで、金属加工には必要不可欠な工程です。金属は熱を加えることによって、表面にスケールと呼ばれる酸化した皮膜が付着してしまいます。酸洗いをすることでスケール…

メッキ・塗装・切削などの下地処理目的について

酸洗いとは、スケール、酸化皮膜、さび等を硫酸や塩酸などで除去する作業です。塗装や切削前にも熱処理や溶接で焼けた金属の表面を酸で洗浄します。特にメッキの前には必ず酸洗いをして、錆びや酸化被膜を取り除…

ステンレス材における表面の被膜の再形成目的について

例えばステンレス製品を作る際に度々用いられる、溶接という工程。これには部品同士を高熱で繋ぎ合わせた際の焼け跡が残ることがあります。これを消すために用いられるのが酸洗処理、つまり酸洗いです。強酸槽に…

金属を酸で洗う!?欠かせない酸洗い

熱処理によって金属の表面に酸化膜やサビがつくため、硫酸などでそれらを洗浄します。これを酸洗いといいます。製品を傷つけずにサビを落とせるなどのメリットがありますが、金属によっては有毒ガスが発生します。

酸洗いのメリットと注意点

酸洗いのメリット

酸洗いに適さない製品にはどのようなものがあるか

酸洗いの注意点